ポケモンGOを始めるにあたっては、まずキャラクターを設定することになります。私はダンディーなおじさんを選び、最初のポケモンには「ヒトカゲ」を選択しました。昔からポケモンはプレイしていましたが、「ヒトカゲ」を最初のポケモンに選んだことはありませんでした。なので今回は「ヒトカゲ」と一緒に旅に出たいと思います。外に出ると道路や横断歩道にもポケモンは出現します。ポケモンゴーでは現実世界と重なっているのが新感覚ですが、ともかくモンスターボールを投げつけて捕獲しなければなりません。これが結構難しくて上手く当たらないのです。10個ぐらいを無駄にして最初のポケモンを捕まえました。その後もさらに捕まえていきましたが、アニメで知っているポケモンが出てくる度に興奮の連続です。近くにいるポケモンのシルエットが見えるのですが、個人的には「イーブイ」が欲しいのです。レア度は分かりませんが可愛くて思い入れもあるポケモンです。

ポケモンGOをやり始めて1週間ですが、毎日運動ができるきっかけとなりました。昼休みや朝の時間を使って捕まえていますが、同じルートだと結構な確率で出てくるポケモンが偏ります。ポケモンゴーを街中でやっている人を多くみますが、歩きながらの操作は周りの迷惑になるので、公園内や誰かが一緒にいる時にやるようにしています。楽しいので、レアポケモンが出た時の興奮はやみつきになります。同じようにプレイしている人ともっと交流ができると良いですが、まだまだこういった情報はこれから出てくるのではないでしょうか。
子供も大人も一緒になってポケモン探しの旅に出るのはアニメやゲームの世界が自分で実行できるようなVRに一歩近づいた最新のゲームだと感じています。常識とマナーさえ守ればとても楽しくプレイできるので、みんながプレイしたがる理由が良く分かります。ポケモンに逃げられた時のショックも大きいですが、探す旅も楽しいので続けられるゲームです。

>ポケモンGOを攻略するにはこちらを参照<